岐阜大学工業倶楽部 関西支部 設立10周年記念 定期総会 議事録・報告書

1.日 時: 2019(R1)年7月7日(日) 11:30~16:30
2.場 所: 茨木市福祉文化会館(オークシアター)3階 303号室・302号室
3.出席者: 来賓8名、会員33名、計41名 (別添「出席者名簿」をご参照下さい)
4.第1部  総会議事録(3階 303号室)11:30~11:50

  大森事務局長による「開会の辞」に続き、木内支部長から冒頭、本総会で以って退任するが、後任に岡田
  新支部長にお願いするので、ご支援とご協力をお願いしたい旨の挨拶があった。続いて規約第8条によ
  り議長を務め、今回は事前に資料を送付し、議題1と2の賛否を確認した結果、議題1に関しては「承認
  しない」、議題2に関しては「反対」が無かった旨の報告があり、プログラムに従い下記の通り実施した。
  議題1.報告事項(総会資料3~4頁参照)
    報告事項1.「2018年度 事業報告」と報告事項2.「2018年度 会計報告・特別会計報告」について
    は、議長から事前「承認」の報告もあり、大森事務局長より特徴的な箇所のみ補足報告された。
    引続き「2018年度 会計監査報告」が平井会計監査より報告された。
    報告事項1、2とも質疑応答は無く承認された。
  議題2.決議事項(総会資料5~6頁参照)
    議長より第1号議案「役員任期満了に伴う新役員選出(案)」、第2号議案「2019年度 事業計画(案)」、
    第3号議案「2019年度 予算(案)」について一括して審議する旨の説明があり、引続いて大森事務局
    長より第1号議案から第3号議案まで、事前に「賛成  」の報告もあり、要点のみ補足説明された。
    3議案一括して採決の結果、賛成多数で原案通り承認可決された。       (書記:井上和夫)

5.第2部 特別・記念講演報告(3階 303号室)11:55~13:15
  特別講演は、森脇学長から「岐阜大学の現状と方針について」の演題で、ご講演をいただきました。
  岐阜大学は、本年創立70周年を迎え、国立大学86校中16~23番目という位置を占める等、大学として
  も非常に足腰が強くなった。一方、日本の18歳人口は、1992(H4)年の205万人をピークに昨年は120万
  人弱、20年先には68万人に激減するなど、高等教育が非常に厳しい状況を迎えている。また、国内外に
  おいては、かってない規模のスピードで激変している。このような状況から「岐阜大学」と「名古屋大学」
  とは、両大学の持てる力を共有し地域創生への貢献と国際的な競争力向上を両輪とした発展を目指し、全
  国の大学に先駆けて統合(一法人複数大学)に向けた「国立大学法人東海国立大学機構」設立の協議を重
  ねてきた。合わせて統合に必要な法律(学校教育法、国立大学法人法)の改正も要望していたが、5月に
  法改正されたことを受けて新法人の設立に向けた準備を加速し、いよいよ来年(2020(R2)年)4月1日には
  「国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学」が誕生する運びとなったとの紹介がありました。
  最後に、昨年から開所された新施設と来年、開所される予定の施設について詳しい説明がありました。
  続いて、記念講演は、工学部 機械工学科 菊地准教授から「空力浮上高速交通システム エアロトレイ
  ン」の演題で、ご講演をいただきました。エアロトレインは、磁力で浮上・走行するリニアとは異なり、
  列車に翼を付けたイメージで翼の地面効果を有効利用して効率的に浮上走行することによって研究の最終
  目標である自然エネルギーのみで時速500kmの運行を目指している。その成果は、テレビでも紹介され
  る等、注目されていましたが、2011年にプロジェクトが終了し、現在はエアロトレインの実現を目指した
  基礎的実験として、①更なる高効率を目指した風洞実験、②小型実験機でより安定した制御方法の開発を
  されています。

6.第3部 懇親会報告(3階 302号室)13:30~16:30
  懇親会は、来賓の村井工学部長と坪内工業倶楽部会長の挨拶で始まり、内田工業倶楽部専務理事の乾杯の
  発声のあと、関西支部 設立10周年記念 定期総会のテーマである『おもしろ おかしく 世代を超
  えて 関西の“絆”を深めよう!』
のもと、岐阜大学 落語研究会所属・出身の3名の落語家
  ①「鵜飼家みりん」こと長屋 美希(大学院 教育学研究科1年 総合教科教育専攻 サイエンスコース)、
  ②「ながら家走太郎」こと長屋 圭一郎(大学院 自然科学技術研究科2年知能理工学専攻応用数学物理領域)
  ③「ながら家千兵衛(せんべい)」こと古澤 長流(たける)(応用生物科学部 2018年卒)
   によります渋い古典落語を披露していただきました。
  森脇学長をはじめ来賓の方々のご挨拶をいただいた後、GAMA企画 川口 雅昭氏とアシスタントの奥
  様との息のあったステージマジックショーと各テーブル毎に自慢のカードマジックを披露していただき、
  今までにない盛り上がった楽しい会となりました。
  最後は、岡田新支部長によります「閉会の辞」で、記念すべき設立10周年記念 定期総会を終えました。
                                            以上

Home | ごあいさつ | 設立案内 | 入会案内 | 会報 | アルバム | 定期総会 | リンク

© Copyright 2013 Gifudaigaku Kogyo Club Kansai All rights reserved.